睡眠時無呼吸症候群

  1. >  
  2. > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群:Sleep Apnea Syndrome(SAS)」とは、睡眠中に何回も呼吸が止まる、または呼吸が浅くなる・弱くなる病気です。

無呼吸数や低呼吸数が1時間に5回以上、または一晩(7時間)に30回以上起こる場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠中に呼吸が止まると脳や身体を十分に休ませるだけの酸素を取り込むことができなくなるため、日中の眠気や集中力の低 下、疲労感などを引き起こします。

このような症状はありませんか?

  • いびきをかく
    いびきをかく人のイメージアイコン
  • 寝汗をかく
    寝相が悪い
    寝汗をかく、寝相が悪い人のイメージアイコン
  • 何度もトイレに
    起きる
    何度もトイレに起きる人のイメージアイコン
  • 倦怠感・頭重
    倦怠感、頭重人のイメージアイコン
  • 日中の
    強い眠気
    日中に眠気が強い人のイメージアイコン
  • 集中力・
    記憶力の低下
    集中力、記憶力がした人のイメージアイコン

当てはまる方は
睡眠時無呼吸症候群
可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群が引き起こす病気

睡眠時無呼吸症候群は、"寝ている間に病気がつくられる"といっても過言ではないほど、身体に負担をかけています。
睡眠時に十分な酸素を身体に取り込むことが困難になるので、身体が呼吸不全と同じような状態になります。すると、心臓が心拍数を上げて身体中に十分な酸素を供給しようとするため、血圧も上がります。
このように、睡眠中にも心臓に負担をかけるだけではなく、交感神経の緊張状態が続くので、さまざまな循環器病の発症の可能性を高めてしまいます。
他にも、高血圧・心不全・脳卒中・不整脈・狭心症・心筋梗塞・うつ病・糖尿病などを引き起こす可能性が、睡眠時無呼吸症候群ではない方と比べて高くなります。

このような病気を引き起こす
可能性を高めます!!

  • 高血圧症 約2倍
  • 不整脈 約2〜4倍
  • 脳卒中 約4倍
  • 心不全 約2倍
  • 狭心症・心筋梗塞 約2〜3倍
  • 高血圧症 約2倍
  • 不整脈 約2〜4倍
  • 脳卒中 約4倍
  • 心不全 約2倍
  • 狭心症・心筋梗塞 約2〜3倍

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

睡眠時無呼吸症候群の治療方法はいびきと同様、レーザー治療により改善します。

いびきの原因である口蓋垂(のどちんこ)とその周辺を切除して気道を広げることで、いびきを解消する治療です。
物理的にいびきの原因を取り除くので、即効性と適応性に優れています。
レーザーを使用するため、出血や痛みが少なく、約10分の日帰りで行える治療法です。
治療後1~2週間程度は患部の炎症が残りますが、睡眠時に機器を装着する必要がないことが特長です。

口蓋垂の一部を切除して気道を拡大

TOBIレーザー法について

TOBIレーザー法について

治療費

内容 費用
初診料 ¥ 4,000程度
レーザー
治療
¥ 31,000程度
再診 ¥ 2,000程度

※ 平日18時以降・土曜12時以降・祝祭日は休日・夜間診療になるため、割増料金が加算されます。

※ 初診料には血液検査費が含まれています

※ レーザー治療費にはお薬代が含まれています。

※ 3割負担での自己負担額を記載しています。

治療の流れはこちら

- お気軽にご相談・ご予約ください -

いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する
お悩みがございましたら
お一人で悩まず、まずはご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6709-2656

03-6709-2656

【診療時間】
11:00~20:00 (火・水・金・土)
11:00~18:00 (木曜)
【休診日】
日曜・月曜