いびきのブログ

  1. >  
  2. > だれにも聞かれたくない!!~いびきを止める3つの方法~

だれにも聞かれたくない!!~いびきを止める3つの方法~

2018年05月16日

いびきの治療

自分がいびきをかいていると認識している人はどれくらいいるのでしょうか?
みなさんも一度はいびきをかいたことがあるのではないでしょうか?
いびきを恥ずかしいものと感じている人が多いため、いびきをかいている人の実体を正確につかむのはとても難しいと思います。
ですが、そんな恥ずかしいと思われているいびき、もしかいているならば治したいですよね。
今回はいびきを止める方法について3つ紹介していきたいと思います。

・みんなの敵、いびきを止める方法

いびきの原因には大きく3つあります。
1つは太っていること。
次に、寝るときの姿勢が仰向けであること。
そして、疲れがあること。
いびきを止めるためには、この3つの問題を解決することが重要です。
では、対策に当たって、どうしてこれら3つが原因でいびきが出てしまうのかについて説明していきたいと思います。

1つ目の太っていることについて。
太ってくると2重顎になりますよね。
太っている人は顎の輪郭がぼやけていたり、2重顎がおおきかったりします。
2重顎で目立たなくなっていますが、太っている人では、のどにも顎同様、たくさんの脂肪がついているのです。
太ってくると食べ物が飲み込みづらくなったりすることはありませんか?
のどの周りについた脂肪が原因でのどがせまくなり、食べ物が飲み込みづらくなるのです。
いびきをかくのものどの周りの脂肪が空気を通しづらくなることによって、発生するのです。
なかなか吸い込むことのできない空気を無理して吸い込むときに出てしまうのがいびきなのです。

2つ目の仰向けであることについて。
多くの人は寝るとき、仰向けで寝ると思います。
仰向けは寝具に接している面積が広いため、耐圧が分散される楽な姿勢です。
仰向けでは、口が開きやすく、口呼吸になってしまいます。
口呼吸ではのどが乾きやすく、息がしづらいため、いびきがでてしまいます。
また、仰向けでは舌がのどに向かって下がってしまうので、いびきが出てしまいます。
気道がふさがることがいびきの原因になってしまうのです。

3つ目の疲れがあることについて。
疲れがあると呼吸が乱れやすくなってしまいます。
アルコールを飲んだときもそうです。
疲れは呼吸を乱し、いびきの原因に繋がってしまいます。
いびきをなくすためにはこれらを改善しなくてはなりません。

いびきを止めるためには上記の3つの原因を改善する必要があります。
太っている場合は、時間がかかるかもしれませんがダイエットをする必要があります。
仰向けで寝ている場合は横向きにねることで改善されます。
その場合、クッションを使うことで、横向きでも楽な体勢をとることができます。

まとめ

いびきは息を無理矢理吸うことによって出る音です。
そのため、知らない内に体に大きな負担がかかっています。
いびきを改善することによって、毎日すっきりした目覚めをすることができます。
いびきを止めて快適な毎日を送れるよう、上記に該当する人は対策に取り組んでいきましょう。

- お気軽にご相談・ご予約ください -

いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する
お悩みがございましたら
お一人で悩まず、まずはご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6709-2656

03-6709-2656

【診療時間】
11:00~20:00 (火・水・金・土)
11:00~18:00 (木曜)
【休診日】
日曜・月曜