いびきのブログ

  1. >  
  2. > いびきは顎に関連している!~いびきと顎の関係について~

いびきは顎に関連している!~いびきと顎の関係について~

2018年05月22日

いびきの種類

いびきが顎と関係があるということをご存じですか?
いびきときいて顎と思いつく人はなかなかいないと思います。
普通であれば、太っている人がいびきをかきやすい傾向にあるというイメージを持っていると思います。
しかし、顎はいびきと密接に結びついているのです。
今回はいびきと顎の関係について、詳しく説明していきたいと思います。

・顎が小さいといびきをかきやすい

いびきと顎の関係で注目してほしいことが二つあります。
はじめに、顎が小さい人がいびきをかきやすい傾向にあるということです。
その理由を説明していきたいと思います。
下顎が小さい人は、寝ている間に舌が沈下してしまいやすくなります。
その舌が気道を狭める原因となり、いびきが出てしまうのです。
小顔は女性の憧れですよね。
しかし、その小顔がいびきの原因となり得るのです。

・顎に筋肉がないといびきをかきやすい

いびきと顎の関係で注目してほしいことの2つ目は、顎に筋肉が少ないといびきをかきやすいということです。
顎に筋肉がない人はのどにも筋肉がありません。
それがいびきとなんの関係があるのでしょうか?
のどに筋肉がない場合、舌が沈下したときに支えてくれるものがありません。
従って、いびきを予防するためには、のどの筋肉を鍛える必要があるのです。

次からはいびきを予防する方法を紹介していきたいと思います。

・いびきの予防法

顎に筋肉が足りないというかたは、硬いものを食べて、顎に筋肉をつける必要があります。
硬いものは必然的に咀嚼回数が増え、咀嚼の力が強くなると顎の力が強くなり、結果として顎の筋肉もつきます。
そうすることによって、舌を支えることができ、いびきを予防することができます。

顎が小さい人はあごの形を変えることができないので、顎に筋肉をつけるほかに、寝る姿勢を正すなどして予防するしかありません。
舌が沈下しやすいのは、仰向けになったときです。
予防するには横向きに寝るのがベストです。
横向きに寝ることによって、舌の沈下や、口呼吸を防ぎ予防することができます。

まとめ

いびきと顎、関係性が全くないと思われるこの2つには、実は大きな関係性があったのです。
女性の憧れである、小顔も実はいびきにつながっているのです。
いびきのない生活を送るためには、顎の力を強くしたり、寝る姿勢を整えたりする必要があります。
女性として毎日快適に過ごせるために、いびきはしっかりと予防しましょう。

- お気軽にご相談・ご予約ください -

いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する
お悩みがございましたら
お一人で悩まず、まずはご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6709-2656

03-6709-2656

【診療時間】
11:00~20:00 (火・水・金・土)
11:00~18:00 (木曜)
【休診日】
日曜・月曜