いびきのブログ

  1. >  
  2. > いびきの大きな原因は口呼吸にあるって本当なの?

いびきの大きな原因は口呼吸にあるって本当なの?

2018年09月12日

いびきの種類

皆さんの中で、朝起きると口の中がカラカラで水が飲みたくなるという経験をした事のある人はいませんか。
このような寝起きの口の乾燥は、睡眠中の口呼吸が原因です。
実は、睡眠中の口呼吸はいびきの原因の一つにもなり得るのです。
今回は、そんないびきと口呼吸の関係ついてお話ししたいと思います。

いびきの原因が口呼吸なのはなぜ?

いびきの原因の一つに口呼吸が挙げられる事を、ご存知の方も多いと思います。
では、なぜ鼻呼吸は良くて口呼吸が悪いのか、考えた事はありますか?
そこで多くの方が「呼吸は、本来、鼻でするものだから。」と答えるのではないでしょうか。

皆さんのお考え通り、呼吸は本来、鼻でするものです。
そのため、睡眠中にきちんと口を閉じて寝ると、舌の落ち込みが軽減されて、空気が通りやすい構造となっています。
ところが、口呼吸で寝ると、舌が落ち込みやすくなり気道が狭くなってしまうため、いびきが生じてしまうのです。

また、口を開けて寝ることで口の中が乾燥してしまいます。
口は本来、粘膜で覆われており、常に潤っている状態です。
その粘膜が乾燥してしまう事で、虫歯や歯周病など様々な病気のリスクとつながってしまうのです。

このように、口呼吸は医学的な問題もありますが、見た目があまり美しくないという問題もあります。
口で呼吸をしていると、どこか抜けているように捉えられたり、何も考えていないように思われたりしてしまいます。
相手にいい印象を与えるためにも、鼻呼吸は大切ですよね。

いびきの原因となる口呼吸の予防法は?

これまで、口呼吸はいびきの原因となるだけではなく、様々な病気を引き起こしてしまうというお話をしてきました。
次に、様々な問題を招く口呼吸の予防法についてお話ししていきたいと思います。

まず、大切な事は、鼻や喉の病気を治す事です。
皆さんも、鼻が悪い人は口呼吸をするイメージがありますよね。
そのイメージ通り、鼻や喉の病気は呼吸の障害となってしまいます。
鼻や喉の病気が治るだけで呼吸はとても楽になりますから、ぜひ医療機関を受診してみてください。

続いて、ダイエットです。
いびきをかくのは太ったおじさんというイメージがありますよね。
首周りの脂肪は気道を狭くしてしまうため、呼吸がしづらくなってしまい、知らず知らずの内に口呼吸をしてしまっている方が多いようです。
有酸素運動によるダイエットは、脂肪を消費しやすくするだけではなく、口周りの筋肉を使う事になりますからオススメですよ!

これらの他にも、飲酒を控える事や禁煙、横向きの睡眠により、口呼吸を予防できます。
思い当たる節のある人は、見なおしてみましょう。

まとめ

これまで、いびきの原因となる口呼吸とその対策についてお話ししてきました。
口呼吸はいびきの原因となるだけではなく、他の病気を引き起こしてしまいます。
また、見た目もあまり美しくありません。
いびきに悩んでいる方は、ぜひ今日から、口呼吸を予防する方法を試してみてください。
少しでもいびきが治まり、呼吸が楽になれば幸いです。

- お気軽にご相談・ご予約ください -

いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する
お悩みがございましたら
お一人で悩まず、まずはご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6709-2656

03-6709-2656

【診療時間】
10:00〜19:00 (火・水・金・土)
10:00~17:00 (月・木)
【休診日】
日曜