いびきのブログ

  1. >  
  2. > いびきの原因は寝方にあり?〜良質な睡眠を求めて〜

いびきの原因は寝方にあり?〜良質な睡眠を求めて〜

2018年09月13日

いびきの治療

いびきのせいで周囲に迷惑をかけたり、ぐっすり眠れなかったりする人はいませんか?
もしかすると、そのいびきは寝方に原因があるのかもしれません。
寝方一つで、いびきを治す事ができたら嬉しいですよね。
今回は、いびきと寝方の関係について、その原因と改善策をご紹介したいと思います。

いびきをかく寝方は気道の狭さに問題あり

日常生活の中で、いびきに悩まされているという人は案外と多いものです。
とはいえ、治療するまでに至らず、放っておいている人も多いのではないでしょうか。
恥ずかしさから、周囲に相談しにくい内容でもあるでしょう。

皆さんは、なぜいびきをかいてしまうか、知っていますか?
考えられる主な原因は、空気の通り道である「気道」が狭くなっているからです。
ここでは、いびきをかく寝方の問題点として、気道が狭くなってしまう原因についてお話ししたいと思います。

1つ目は、仰向けで寝る事です。
「ひょっとしたら自分の事かもしれない」と、心当たりのある人も多いのではないでしょうか。
仰向けで寝てしまうと、舌が重力によって気道に落ち込んでしまいます。
そのため、気道が狭くなり、いびきをかいてしまうのです。

2つ目は、肥満です。
共通概念として、太っている人はいびきをかくイメージがありますよね。
皆さんのイメージ通り、首周りに脂肪がつくと気道が狭くなってしまうため、いびきをかきやすくなるのです。

その他にも、気道が狭くなってしまう原因として、鼻づまりや加齢、飲酒などが挙げられます。
このように、いびきをかく原因の中には、意識するだけで治せるものもあるのです。

いびきをかかない寝方をしよう

いびきをかく寝方の主な原因が、仰向けの体勢にあるというなら、私たちはどのような体勢で眠れば良いのでしょうか。
答えは簡単で、「横向き」に寝る事です。

先程、舌が気道に落ち込み、気道が狭くなるからいびきをかくというお話をしました。
まさに、横向きで寝る事で、気道への舌の落ち込みを防ぐ事ができるのです。

しかし皆さんの中には、「仰向けに慣れているから横向きは寝づらい」という方も多いのではないでしょうか。
そのような方は、枕の見直しや抱き枕を使用する事をオススメします。
横向きに寝やすい形状の枕や抱き枕を使用する事で、いびきが改善されるかもしれませんよ。

いびきをかきづらい寝方は、本当にあるというのですから、目から鱗ですね!
良質な睡眠をとり、エネルギッシュな日々を過ごしましょう。

まとめ

ここまで、いびきと寝方をテーマにお話ししてきました。
いびきをかくせいで、周囲の目を気にしたり良質な睡眠をとれなかったりした皆さんも、これまでご紹介した原因と対策をもとに、少しずつ改善していきましょう。
気道を確保しやすいよう横向きの体勢にする、枕を工夫するなど、いびきをかく原因について、一度見直してみてください。

皆さんのいびきの原因が寝方にあるなら、すぐに改善されるかもしれません。

- お気軽にご相談・ご予約ください -

いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する
お悩みがございましたら
お一人で悩まず、まずはご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6709-2656

03-6709-2656

【診療時間】
10:00〜19:00 (火・水・金・土)
10:00~17:00 (月・木)
【休診日】
日曜