いびきのブログ

  1. >  
  2. > いびきについて40代女性が注意すべきことは?

いびきについて40代女性が注意すべきことは?

2018年06月20日

女性のいびき

自分がいびきをかいているかどうかは、他人に指摘される機会がないと、なかなか気づかないものですよね。
いびきを今までかかなかったのに、急に最近になって指摘されるようになったという40代女性の方はいませんか。
今回は、そんな皆さんに向けて、いびきについて、特に40代女性に焦点を当ててお話します。

いびきが40代女性で現れるのはなぜ?

今までいびきなんてかかなかったのに、40代になって気になり始めた方は多いはずです。
もともとの体型や顎が小さいなど、いびきをかきやすい体質というのはあるのですが、女性では特にそれに加えて、加齢によっていびきが悪化する場合があるのです。
女性の身体は40代あたりから、エストロゲンなどの女性ホルモンのバランスが崩れ始めます。
そして、閉経するまでの10~20年間、程度の差はあれど、多くの人が更年期障害に直面します。

女性ホルモンのバランスの崩れから、全身の筋肉量が減ります。
舌を動かしたり支えたりする筋肉も衰えます。
すると、舌を支えきれなくなり、空気の通り道である気道を舌で狭窄してしまうことで、いびきを引き起こしてしまうのです。

このようなメカニズムで、今までめったに気にならなかったのに最近になっていびきに悩まされるようになったという40代女性が多いわけなのです。

いびき対策で40代女性におすすめの方法は?

先ほど説明したとおり、いびきの正体は舌の筋肉が衰え、気道を狭窄してしまうことです。
なので、いびきをかかないように40代女性にしてほしいことは、気道をできるだけ狭めないように意識して睡眠に入ることです。

気道を狭める要因はいくつかあります。
詳しいメカニズムは省略しますが、アルコール摂取後や仰向けに寝ることというのは気道を狭窄する要因です。
なので、いびき対策として40代女性ができることは、まず寝る前のアルコール摂取を控えることです。
寝酒などもってのほかです。
そして、仰向けに寝ることを意識してやめてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はいびきというテーマについて、特に40代女性にターゲットを絞ってお話しました。
40代というのは、女性にとっては閉経に向けてホルモンバランスが乱れ始める時期です。
そのせいでいびきも起こることを知ったうえで、できる対策をしましょう。
ここでは、アルコール摂取を控えることと、仰向けに寝るのをやめることを紹介しました。
今晩からでもできることなので、ぜひ心がけてみましょう。

- お気軽にご相談・ご予約ください -

いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する
お悩みがございましたら
お一人で悩まず、まずはご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6709-2656

03-6709-2656

【診療時間】
10:00〜19:00 (火・水・金・土)
10:00~17:00 (月・木)
【休診日】
日曜